img

職員募集 福利厚生
看護師宿舎
看護職員専用宿舎は敷地内と敷地外があり、いずれもワンルームタイプです。遠方者を優先し入居しています。
病院は大阪市内からは離れていますが、バス・モノレールが目の前なので、移動・アクセスは問題ありません。休日にはUSJや梅田へ買い物に出かけるのもよし、万博公園で花見や体を動かすのもよし、箕面には自然が広がっているため、癒しを求め、出かけるにもよい場所です。看護師の勤務の実態は看護師の一週間をご覧ください。
img img
img

■ 敷地外宿舎

男性も入居可。病院から数分~30分程度離れたところ(南春日丘に2棟、南清水に1棟の計3棟)にありますが、レオパレスなので家具つきです。寮費は月19,000~21,000円です。

■ 敷地内宿舎

女性専用で玄関はオートロック式、室内はフローリング、バストイレは、ユニットバスタイプとセパレートタイプがあります。大きな収納スペースもあり、一人暮らしには十分な広さです。敷地内に、駐車場もあります。

敷地内宿舎の特徴
看護師宿舎(敷地内宿舎)は以下のような特長を備え、自宅外通勤者の生活の便を図っています。
間取り:各個室の6畳1Kタイプ(ユニットバス・トイレ・キッチン・押し入れ・下駄箱・バルコニー付き)
寮費:月5,073~7,525円
物件階層:209戸設置(5階建て4棟)
方位:全室南向き
共用施設:共用施設として集会室・娯楽室を設置
駐車場 専用の駐車場を設置(月3,275円)
設備:その他、生活に必要な諸機能としてガス給湯器、ガスコンロ、電話機(オートロック機能付き)、エアコン(冷暖房)及び洗濯パン、カーテンレール、トイレ・バス・キッチンの照明器具
カーテンレールの長さ200㎝、窓の大きさ192㎝×180cmです。



TOP

(c) 大阪大学医学部附属病院看護部