img

先輩メッセージ
img
消化器内科病棟 中途採用 副看護師長
充実した教育体制が魅力
短期大学を卒業し精神科単科の病院で8年勤務しましたが、精神科だけでなく、診療科の枠組みを超えて幅広い知識と技術を学びたいと思いました。新しい環境でやっていけるのか不安に思いましたが、阪大病院は「段階別研修」や「キャリア開発研修」など中途採用者への教育も充実しており、多数の診療科、高度先進医療を実践していることから、就職を決めました。

やりがいを持って仕事ができる職場作りを目指して
就職後、複数の診療科で、看護師長、副看護師長の指導のもとに看護を学ぶ中で、働きやすい職場とはどういったものかを考えるようになりました。「看護管理」に興味を持ち、看護管理者を目指して副看護師長になりました。
現在は職場の上司、スタッフや他職種と協力して、安全で質の高い看護サービスの提供や、人材育成など皆が働きやすく、やりがいを持って仕事ができる職場環境を目指して頑張っています。 img

阪大病院で働きたいと思っている方へ
現在、約70名の男性看護師が、様々な病棟や中央診療施設などで活躍しています。ほとんどの病棟で複数の男性看護師が配属されており、男性看護師も安心して働ける職場環境が整っています。現場では男性看護師が求められる場面が多く、活躍の場が広がっていますし、男性の管理者も増えてきています。多くの場面でより一層男性看護師が求められるようになってきています。自分の目指す姿を実現するために、是非、一緒に阪大病院で働きましょう。


■ その他の先輩メッセージ



TOP

(c) 大阪大学医学部附属病院看護部