img

先輩メッセージ
img
皮膚・排泄ケア領域 認定看護師
看護の力を最大限に発揮したい
阪大病院のキャリア開発センター「スキンケアコース」で学び、褥瘡対策チームのメンバーとして褥瘡回診を担当するようになったことでもっと知識・技術を身につけたいと考えて、皮膚・排泄ケア認定看護師を目指しました。この分野を選択したのは、皮膚・排泄ケアは看護師の力で予防やケアができる分野であり、看護師としての力を最大限に発揮できる分野であると考えたからです。

患者さんへの専門的ケアとその成果がみえることがやりがいにつながります
外来で人工肛門を造設した患者さんのケアを行っていますが、患者さんから「ここでみてもらうと安心できる」「話しを聴いてもらって気持ちがすっとしました」という言葉をいただいた時にやりがいを感じます。同時に、障害をもちながら社会生活を送る患者さんの姿に逆に私の方が元気をいただくことも多くあります。
病棟や外来の看護師とともに工夫しながらケアを行い、創部がきれいになっていくのを見る時、もっとたくさんの知識を身につけ、技術を磨きたいという思いに駆られ、それは私のモチベーションの維持にもつながっています。 img

認定・専門看護師を目指す方へ
認定看護師・専門看護師として働いていくのには、責任をもってやり抜く忍耐力とたくさんの努力が必要であると私は考えています。しかし、自分がもつ知識・技術によって患者さんがもつ身体的・精神的苦痛のほんの一部分でも取り除くことができるのなら、それはとてもやりがいを感じることができることであり、醍醐味でもあります。


■ その他の先輩メッセージ



TOP

(c) 大阪大学医学部附属病院看護部